この世の時は刻々と進むだけだが

 

心のみはそれを止め、戻り、

または遠く先を自由に描くことができる

 

人にとってこれは

 

救いであり

 

絶望であり

 

真実である